新年のご挨拶
img22010001_1


新年明けましておめでとうございます。
1982年12月24日に弊社を設立し、おかげさまで創立40周年を迎える事が出来ました。
早稲田大学名誉教授であり、函館市民に愛され続けた棒ニ森屋の設計に、
長年携わっていた明石信道氏の師弟として個人事務所から始まり、
現在継続して地域に貢献してきたことも、皆様に支えて頂いたおかげだと思っております。
弊社も職員一同40周年を契機に今迄以上に精進し、皆様の期待に添う様に務めて参ります。
今年は皆様にとって良き年であります事を願い、新年の挨拶とさせて頂きます。

『 湯の川プリンスホテル渚亭 』が新聞に掲載されました
img18040001_1 img18040001_2


本日、2018年4月18日に『湯の川プリンスホテル渚亭』が、リニューアルオープンしました。
7月のグランドオープンに先がけて、エントランスホール・ビュッフェレストランなどが、光と陰影が取込まれた癒しの空間へと生まれ変わりました。
各紙に掲載されましたので是非ご覧ください。
先行してインスタグラムに写真を掲載しています。
後程、ホームページにも載せていきますので、よろしくお願い致します。

インスタグラム始めました!
img17120001_1

日頃のおかげさまで、2017年12月24日のクリスマスイブに、35周年を迎えます。
これからもみなさまに、安心・信頼と『ほっ』と感じる空間を提供していきたいと思います。日常をリアルタイムでお伝えしたいと思い、インスタグラムを始めました。
どうぞお気軽にご覧ください。

厚沢部町「上里ふれあいセンター」が新聞に掲載されました。
img17060001_1

平成29年4月にリニューアルオープンしました「上里ふれあい交流センター」(上里温泉)が北海道新聞の夕刊に掲載されましたので、転載させて頂きます。

弊社にて設計・監理をさせて頂きました温泉と集会所を融合させた平屋建ての建築物です。厚沢部町にて従来より力を入れております「バイオマス燃料」(この施設は、木片チップを使用)を補助熱源とし、より経済的に地球にやさしいエネルギー活用にて施設を運用しております。

また、今話題の木材「CLT」(※1)を内装仕上げに採用し、木材の普及促進と共に、地場産の「カラマツ」を使用する事により、地域産業への考慮と共に親しみ深い温もりの感じられる空間の演出に配慮しました。ジェットバス・サウナ・屋根付き露天風呂等々、温泉施設に必要な設備は一通り備えてあり、当然バリアフリーにも配慮しておりますので、皆さまにも一度是非ご利用頂き、厚沢部町らしい自慢の温泉施設を堪能頂ければ、大変嬉しく思います。

※1. CLTとは、Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)の略で、欧州で開発された工法となります。
CLTは板の層を各層で互いに直交するように積層接着した厚型パネルのことを呼びます。
一般的によく知られている集成材は、張り合わせる板の繊維方向が並行方向に張り合わせるのに対して、CLTは、繊維方向が直交するように交互に張り合わせていきます。
CLTの特性は、直交積層のため高い寸法安定性が得られます。断熱性に優れ、板の幅や厚み、強度が集成材に対し幅広く活用できるというメリットもあります。
(引用元:CLT建築推進協議会)