函館市公民館改修工事(その④)
img16050007_1 img16050007_2 img16050007_3

左上の写真は、地階の「第三集会室」の改修前・後となります。この部屋も、全面的に改装しました。た。窓の前に新しく設けた配管が出てしまいましたが、既存配管の関係上、どうしても避けられませんでしたが、窓の中央にあった屋外のハシゴが不要になったため撤去し、昔に煙突を出していた場所である窓上のパネルをガラスに変えるなどを施したので、室内の明るさ等は改善され向上しました。

左中央の写真は、通称「釜場」と言われている部屋です。写真の右側にある扉の中に陶芸用の釜が設置されており、陶芸教室の生徒さんに活用されており、数々の素敵な作品が制作されています。ここは、使い勝手が悪く水しか出なかったため冬場は手が冷たくて大変ご苦労なさっていたようです。そこで、改修の際に釜も新しくなり、湯沸かし器を設置し、お湯が出る様になり、作業環境が大幅に改善されました。

左下の写真は、正面玄関ホールを内部から見た写真です。古い旧型の避難口誘導灯が折角のステンドグラスを隠してしまいとても残念な状態でしたので、LEDの小さなものに替え、老朽化により変形し破損していたステンドグラスも全て一度バラバラにして綺麗に清掃した上で、修復して頂きました。結果、見事に修復して頂き当時の輝きが戻りスッキリとした明るく、雰囲気たっぷりの正面ホールへと生まれ変わりました。

by master   ギャラリー